君となら進める

日常の喚き。
感想は管理人の独自の偏見と解釈で書いてます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    [-]

26hTV

久し振りにこっちに来たよ。
通常日記じゃ収集付かない気がして。
今日の10時以降くらい?の録画見つつ。

イベントに関する最終的な感想は、「嬉し泣き」でした。
色々、ホントに色々あったんだ。
「出会えて良かった」「ありがとう」
そんなのばかりずっと思ってて、帰りのバスの中でも泣いて。
帰ってきてから某さんの雑記見て泣いて。

私なんかが踏み込んで良いような領域ではない、って言って良いのか悪いのか全く分からないんだけど、中止になって悔しい・悲しいって私が思う以上に辛い思いしている方々に出会って、最初こそは喚いたり文句言い合ったりとかそんな事もしたりしちゃってたりしたんだけど、みんなで歌いまくって、歌って歌って、それから彼らの境遇を聞いて。もうホント、何を言えばいいのか、なんて言って良いのか分からなくて、でもみんな一生懸命生きていて、生きていてくれて、逆に私が励まされてしまったし、みんなすごく綺麗な人たちだった。
もし今日彼ら同士が出会えなかったらって思うと、すごく苦しくなるし考えたくないし怖くなる。だからホント、彼らが出会えてすごく良かった、とすごく思う。

イベント中止です、って放送内でコメントがあってテロップが流れた時、沢山の人が会場にいた。中止って分かってもみんな会場までこないと気が済まないんだよね。
因みにその時間、雨は止んでました。
2時頃には晴れ間まで見えてた。
会場から家に帰るまで、雨降ってなかったものな。
JRは止まってたけど。
警報が出てるっていう実感湧かないくらいの天気だったんですが、帰りの電車の中から見えた川は氾濫寸前でした(確か避難勧告も出てた)
今丁度ニュース部分になった。そう、朝酷かったんだよね。


自分が体験した部分での感想を纏めるなら、
「出会えて良かった」「生きててくれて有難う」
「ご心配掛けてごめんなさい」「心配して下さって有難うございます」

本当に有難うございました。
そればっかり。
悔しいも悲しいもそりゃいっぱいあるけどさ。
そればかりを言ってはいられないもの。

スポンサーサイト

    [-]
* PROFILE *
* MOBILE *
qrcode
* OTHERS *
* SPONSORED *